眉間のメモ

エンタメ好きな大学生のメモ

【要約】PDCAノート

f:id:glabella:20200921021428j:plain


PDCA
を回すだけで人生は変わる

Plan(計画)、Do(実行・実績)、Check(評価・気づき)、Action(改善策)

 

PDCAを上手く回すためのルール

  • 見える化PDCAは視覚化できれば回る→全体像が見える、数値化する、書く
  • 仕組み化PDCAは仕組みで回るPDCAノートで仕組み化する
  • 習慣化PDCAを回すことを習慣化する→時間や行動とセットに、すぐに簡単に、やることを明確に

 

ノートを書く前に覚えておくべき「PDCAの思考」

行動しながら考え効率よく試行錯誤し、失敗や経験から成長するためにPDCAを回す

 

PDCAを回す前にまず明確なゴールを決める

  • 紙の上などで物理的に目に見える形になっている
  • 目標そのものが目に見え、様子・状態がイメージできる

 

PDCAノートのつくり方

A4サイズ以上の方眼ノートを用意

    

PDCAは回せば回すほど目標に近づく→PDCAは毎日回す

 

PDCAノートを高速で確実に回す方法

なんのためにPDCAを回したいのか明確なゴールを設ける

・P:計画が倒れても大丈夫なように余分な時間を計画しておく

・P:「始める時間」と「終わる時間」を決める

・D:仕事は7割8割を目指す

・C:失敗はすべて成功につながったと思う、ポジティブにPDCAを回し続ける

・C:評価・気づきの指標を明確にすることにより迷いなくチェックできる

・C:ちょっとした気づきも記録に残す→あとから見返して有益だったりする

・A:改善策は具体的な行動レベルで落とし込む

選択と集中:あれもこれもと手をつけすぎず優先順位をつける

 

PDCAを習慣化する方法

朝この時間、この場所で5分間つける等、、ルーティーンをつくる